デザイン

【1ヶ月で案件獲得!】DesignHacks(デザインハックス)を受講した感想まとめ

未経験から稼げるデザイナーになるための講座『Design Hacks(デザインハックス)』の受講を一通り終えたので、感想などをまとめておきたいと思います。

  • デザインで稼ぎたいが、何から手をつけていいか分からない
  • PhotoshopやIllustratorを基礎から分かりやすく学びたい
  • DesignHacksを未経験から受講した人の声を聞きたい

本記事は、こういった疑問を持っている人の参考になると思います。

ちなみに私はPhotoshopもIllustratorも超初心者でしたが、3週間くらいでチラシ作成までできるようになりました!

「まずは公式サイトから確認したい」という方は、こちら↓から。

\ 未経験から稼げるデザイナーになる! /

【制作物】未経験の私でもこんなものが作れました!

まずは、講座を通して私が作成した画像を見てみてください。

ちなみに受講前の私は、

  • Canvaは使える
  • PhotoshopやIllustratorを本格的にさわるのは初めて

というレベル感です。

操作画面を見たことはあったんですが「ツールバーのアイコン多すぎ。すごそうだけど、たぶん無理」と思っていました。

受講開始が7月6日ですので、時間経過とともに見ていただければ。

▼【2日目】最初の投稿。図形を描けるようになった。panda。

▼【6日目】PhotoshopでWebバナー制作をした。

※この画像のデザインは教材として用意されたもので、私のオリジナルではありません。

▼【10日目】課題として通販サイトのバナー制作をした。

▼【10日目②】課題としてブログのアイキャッチを制作した。

▼【13日目】課題としてIllustratorでイラストを描いた。

▼【14日目】課題としてIllustratorでオリジナルのライオンを描いた。

▼【25日目】課題でチラシを製作した。

ちなみに、この記事のアイキャッチ画像やサイトロゴも、受講後に作成したものです。

Canvaでは文字装飾がほとんどできなかったので、縁取りや影付け(ドロップシャドウ)、グラデーションできるようになったのが1番嬉しかったです。

【ちなみに】無料コンテンツ学習じゃダメなの?

私も最初は「YouTubeに落ちてる無料コンテンツで独学しよう」と考え、いくつか視聴しました。

しかし結論から言うと、体系的にしっかり学びたいならお金出したほうが早いな。ということ。

無料だと分からないことにぶち当たった時「まっ、いいか」でギブアップしそうだし。

ただ、いろんな無料動画を見て「やっぱり面白そう。デザインやってみたいな」と再認識できたという点では良かったと思います。

なので、自分の方向性や適性をチェックする意味では、無料コンテンツはアリだと思います。

DesignHacks(デザインハックス)の感想・良かったところ

最後まで受講してみて、個人的に「良かった」と思ったところを挙げます。

  1. 「それやりたかった!」が学べる
  2. SNS発信でモチベUP
  3. 個別の質問に対応してもらえる
  4. 安い。安心

ひとつずつ詳しくお伝えしますね。

1.「それやりたかった!」が学べる

みなさんそれぞれ「PhotoshopやIllustratorでこういうことやりたい」って希望が、ざっくりとでもあると思います。

たとえば、こんなこと。

  • ブログのアイキャッチを作成したい
  • Webバナー制作をしたい
  • 通販サイトの広告みたいなの作りたい
  • TwitterやFacebookのヘッダー画像を作成したい
  • オリジナルのロゴを作りたい
  • チラシや名刺を作成したい

ちなみに私は↑全部やりたかったです。

中でも特にやりたかったのは、文字の装飾です。

縁取りしたり、影を付けたり、メタリックにしたり、グラデーションにしたり、フォントをちょっといじってみたりとか。

で、DesignHacksではこれ全部学ぶことができました

「今ははっきり何やりたいか分からないけど、とりあえずソフト触ってみたいな」と思っている人も、基礎的なことは一通り学べるので、やっていくうちに「これをもっと極めたい!」という欲求が出てくると思います。

これって、講座じゃないと難しいなと。

YouTube動画や無料コンテンツで学習しようとすると、やりたいことありきで検索することになります。

「Illustrator ロゴ 作成方法」
「Photoshop 画像切り抜き 方法」

みたいな。Google検索とかでも。

でも、そのやり方で調べて出てくる動画って、基本操作ができること前提で話が進むので、結局リサーチが必要になって遠回りになっちゃいます。

そうこうしているうちに「あー、だめだ、やっぱ難しいわ。無理」ってなっちゃうので、だったら基礎からしっかり学べる・体系的に学べる有料講座が上達の近道だなと感じました。

2.SNS発信でモチベUP

私は以前、同じ運営元が出している『Skill Hacks(スキルハックス)』という講座も受講しました。

こちらは、HTMLやCSSやRubyについて学べるWebアプリ講座です。こちらも楽しかったので、興味ある方はぜひ公式サイトで詳細チェックしてみてください。

で、このハックスシリーズだと、学習した内容について、ハッシュタグ付けてツイートすると、同じ受講生が見て「いいね」くれたり、フォローしてくれたり、講師がコメントをくれたりします。

こんな感じです↓

こういうことが、力になります。

私は基本的に1人作業が苦になりませんが、たまに孤独を感じたり「はあ〜・・・大丈夫だろうか。本当にスキルは身についているんだろうか」といったマイナス思考に襲われることがあります。

そういう時に、ハッシュタグをたどったり、自分もツイートしていいねをもらったりして、モチベアップにつなげていました

3.個別の質問に対応してもらえる

受講中に分からないことがあったら、LINEで質問して講師から直接返信をもらうことができます。

私も分からないことがあるたびに質問していました。

最低限のことはネットで調べて、それでも駄目だったら・想定以上に時間がかかってしまいそうなら、時間がもったいないので質問します。

たとえば私は・・・、

  • 操作画面にこのアイコンがないです。どこを見たら良いですか?
  • ツールバーが分離してしまいました。どうしたらもとに戻せますか?
  • 素材のサイズを拡大すると縦横比おかしくなってしまいます。どうしたら良いでしょう?

などといった質問して、回答をいただきました。

中級者以上にとっては「そんなの調べれば出てくるやろ」レベルの質問だとしても、初心者だとそもそも調べ方が分からない(調べ方を調べることになるっていうのがあります。

「自分で調べるのも勉強のうち」という考えもあるかと思いますが、初心者のうちはとりあえず前進すること・やりきることが最優先だと思うので、この質問システムはとてもありがたいです。

自分で調べるのは「超初心者」を脱してからで良いんじゃないかなと思います。

4.安い・安心

安いとか安心とか、まあ主観的な話になっちゃうんですが。

私は他のスクールの相場とか調べずに「まあ、6万円くらいだったら安いかな」と思って申し込んだんですが、後から比較すると安価だということが分かりました。

教室によっては数十万というところあるみたいで、個人的には気軽に手が出せないです。

「なんか良さげな通信講座は無いかな〜」と探してたら、以前プログラミング講座を受けたところがデザイン講座も出してて、「おっ!」⇒申込み。という流れでした。

始める前から挫折することをイメージするのもあれですが「うーん、6万円だったら、万が一挫折しても、まあ仕方ない・合わなかったんだって思えるかな」とも思いました。

しかし結果的に、挫折することもなく・デザインの楽しさと奥深さを発見できました。

DesignHacks(デザインハックス)をおすすめする人

  • 未経験からデザイン(PhotoshopやIllustrator)を学びたい
  • なるべく安いほうがいい
  • 安いのがいいとは言ったがちゃんとサポートして欲しい
  • Canvaじゃ物足りなくなってきた
  • 分からないところをピンポイントで教えて欲しい
  • モチベーションを維持したい
  • ソフト操作方法だけじゃなく案件獲得までの手順も知りたい

Canvaで充分じゃない?

Canvaで充分じゃない?って人もいると思います。

私もCanva大大大好きで有料会員になってますし、依頼されてアイキャッチを作成させていただくこともあります。

Canvaのいいところで1記事書けますが、ざっと挙げてみると、

  • テンプレート豊富すぎ
  • 手間を掛けずいいかんじの画像がすぐできる
  • 有料会員になれば使える素材も増量!

ただ、

写真そのものの編集や、ロゴ作成などはあまりできないです。一応フィルターは用意されてますが。

何度も言いますが文字装飾がほとんどできないんですよね・・・。私のやりたいことが。やり方次第で「それっぽく」はできますが。

あと、Lancersとかクラウドワークスの案件をざっと見ると分かるんですが、デザイン案件ってIllustratorやPhotoshopが使用できること(ファイル保存形式も含めて)が条件であることが多いです。

なので、ちゃんと稼ぎたいってなるとCanvaでは弱いかなと思いました。私は。

ただ、CanvaもPhotoshopもそれぞれにメリットがあるので今後はやりたいことに応じて使い分けていこうかなと思います。

「Photoshopがいい」「Canvaはだめ」とかじゃなく、選択肢を増やす・やれることを拡張するって意味では、CanvaだけでなくPhotoshopやIllustratorも使えるようになっておくと良いんじゃないかなと思いました。

PhotoshopやIllustrator使ったあとにCanva画面さわると、あ〜ほんっとうに使いやすいな〜便利だな〜好き〜と思いますw

【追記】Lancersで初案件受注!報酬確定したので追記します【勉強開始から1ヶ月】

この記事を書いてから数日後、Lancersでバナー制作のお仕事を獲得しました。

DesignHacksへの申込みが7月6日ですので、約1ヶ月後にはデザインで稼げた!ということになります。

今回はIllustratorを使ってのバナー制作の案件でした。

はじめてライティングのお仕事で稼いだ時もそうでしたが「自分のスキルが誰かの役に立った!」という実感が湧いてきます。

今後もできることを増やしつつ、デザインを楽しみながら誰かの役に立っていけたらなと思います。

追記終わり。

まとめ:はじめの1歩をDesignHacksで踏み出そう!

「PhotoshopやIllustratorの操作方法やデザインの基礎を学びたい・仕事の幅を広げたい」

そう思い受講したDesignHacksでしたが、「操作方法や基礎を学びたい」の部分は達成できたと個人的には思います。

ただ、「仕事の幅を広げたい」の部分は自分次第だなということを痛感していてます。

そんな時はDesignHacksの動画を見返すか(ちなみに講座は買い切り型です)、他には自分で購入した書籍やWebで調べます。

基礎は身についたので、自分で調べるにしてもだいぶ効率よく調べることができるようになりました。

何事もそうかと思いますが、仕事につなげていく部分は最終的には自分次第だと思います。

ただ「仕事につなげよう」と思える地点に辿り着く前に、挫折してしまうこと・やる前から諦めてしまうことだって多いと思います。

なので、最初に踏み出す1歩は「わかりやすい」「質問回答システムがある」「安い」「信頼できる」といった条件がそろったところが良いんじゃないかなと思います。

この記事を読んで少しでも「気になる」「楽しそう」「やってみたい」と思った方は、ぜひはじめの1歩を踏み出してみてください。

\ はじめの1歩はここから! /